スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

本命の薔薇、クレアオースチン

IMG_4829.png

近所のスーパーの園芸コーナーは結構力を入れていて、いろんな苗や鉢植が手に入ります。
昨日みた薔薇の鉢植えに「バラ 1,950円」と力いっぱい値札にマッキーで書いてありました。
もう、「薔薇」つーか「バラ肉」つーか、その勢いで書かれてありまして。
あのーひ、品種とかは……(^^;

良く見ればちゃんと品種のタグが付いていて「ピエール ドゥ ロンサール」こと「薔薇の詩人」
台無し感漂う「バラ肉」タグを付けながら、夜の園芸コーナーに堂々と鎮座しておりました。

さて、今日は我が家の薔薇、クレアオースチンの話。
2年前に私が人生で初めて買った薔薇です。

デビッド オースチン社の白いイングリッシュローズ、
箱から出した時に、繊細でなよやかな姿に小さな蕾が付いていて、
胸がキュンとなりました。

目の前で初めて花が開いた時は、傷つきやすいお姫様が現れたような、
そのあまりの無垢な可憐さと造形美に感動したっけ…

まるで山男が生まれて初めて、深層のお姫様の姿を見てしまった時のような衝撃を受けたんです。

「薔薇という花は特別なのだ」

本当にそう思いました。

今年もクレアオースチンの花が開き始めました。
クレアオースチンは、開き始めはレモン色のホワイトが
徐々に白いカップ咲きと変わっていきます。

IMG_4773.png




淡いクリームレモンの花弁がゆっくりと開いて




IMG_4815.png



徐々にやさしいクリームホワイトに変わっていきます。



IMG_4877.png



他の薔薇に比べて格段にしなやかな茎は、風に柔らかく揺れて、細い棘は私を傷つけず、
私は初めて出会った時からクレアオースチンに心を奪われ続けています。



IMG_5730.png



心に残る初恋の薔薇



IMG_5731.jpg



この先どんな薔薇を育てても、あの初めての衝撃は塗り替えられないと思う。



IMG_5732.jpg





「薔薇という花は特別なのだ」


IMG_4978.png

私にとってクレアオースチンは特別な薔薇なのです。

トラコミュ薔薇 バラ ばら ローズ rose♪
トラコミュ 薔薇のある暮らし

Category :
Posted by kyon on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。