スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

板にコンクリうちっ放し壁紙を張る・その1

IMG_3149.png
土日の天気が悪く、完全に寒かったので引きこもり(笑)
お家で作業をしていました。

さて、先日「遊ぶ壁」用の白板を用意しましたが、その続きになります。
黒部屋に「遊ぶ壁」を作るの巻

コンクリ打ちっぱなし風壁紙が届きました。
壁紙屋本舗さんから購入したのですが、
これがスゴイ!糊付きでもう至れり尽くせり。

その昔、今から10年以上昔の話ですが、
インテリアコーディネーターの資格取得する時に、
建築系の職業訓練校に1年行ったことがあります。
インテリア科みたいなコースだったんですが、インテリアの知識は勿論、
パース・製図・実技まで教えてくれました。

実技の授業では一人半畳のブース(床・壁・天井・窓がある)を与えられ、
クッションフロアやカーペット張ったり、壁紙や襖を張ったり、
カーテン作ったり……家の模型も作ったなあ。
ちゃんと東レの方が講師に来てくれたりして、とっても充実してました。
課題に追われる日々+IC試験勉強の日々でしたが、うーん、楽しかった…。

壁紙の糊付けって中々大がかりなんですよ。
まず、糊をつける台がいるし、四隅は濃い糊、中央は薄い糊で塗るので
2種類用意しないと行けないし、最低限の道具もいるし。
壁紙職人ならともかく、自分でちょっと張りたい、という時は簡単に張れる方がいいですよね。

ということで生糊つきでこんな状態で届いて、感動してしまいました。
IMG_3348.png

糊が床につくと厄介なので、ここはきちんと養生します。
ゴミ袋を開いてガムテープでつなげただけ。
このまな板の上に料理される板(笑)を乗せます。
IMG_3351.png

サイズに合わせてカットしたいので、まずは裏面にして台に合わせてみます。
ちゃんと糊部分にはラップのような保護シートが付いています。
IMG_3354.png

シートには10㎝の目盛りまで付いていて、
合わせやすいし、カットしやすいし、もう感涙。
IMG_3355.png

カットがすんだら裏返してシートを少しづつめくって張っていきます。
壁紙用のハケが手元に無いので、固めの掃除用ブラシで空気を抜いて張っていきます。
あらー、カンタン!
左右、天地の余白を折り返してあっという間に張れました。
IMG_3361.png

長くなってしまったので、その2に続きます^^

Posted by kyon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。