スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

サボテンの日

ののさまどちら いばらのかげで ねんねを抱いて 花つんでござれ

子供の頃に読んだ「モモちゃんとアカネちゃん」の本に書かれていた子守唄
節も知らないのに、このフレーズが色んな拍子に口をついて出て
いつしか私流の節で歌う鼻歌となっていました。
「ののさま」は仏さまのことだと大人になってから知りました。

作者の松谷 みよ子さんが2月28日に亡くなりました。
偶然2月に彼女の半生の本を読んだばかり
休日の読書、捨てていく話

もう何十年も忘れていたモモちゃんとアカネちゃんをふと思い出し、
何気なく彼女の本を手に取りました。
偶然かもしれないし、必然かもしれません。
彼女のことをこういう形で見送れて良かったなと思いました。


IMG_0427_2.jpg


さて、今日はサボテンの話。
3月10日ってサボテンの日らしいですね^^
1日遅れですが、改めて家のサボテンを並べてみました。

右はエケベリアのリラキナこちらはサボテンではありません。
左がサボテンの長盛丸錦
この長盛丸錦、初代の斑入りを枯らしてしまってずっと心残りだったところ出会いました。

サボテンは縁があって出会うようなところがあって、
再び長盛丸錦という品種に出会えると思っていませんでした。
思い入れの強い大事なサボテンです。
長盛丸錦に再びあった話


IMG_4074_2.jpg


五芒星が美しいランポー玉と、その奥にちょこんといるスーパー兜
どちらも不思議な見た目が魅力です^^


IMG_9607_2.jpg


細長く背の高いシルエットの竜神木
丈夫で成長力が強く、色んなサボテンの接ぎ木の土台によく使われます。
色が何とも言えないミントグリーンで好きです。


IMG_0614_2.jpg

サボテンの成長はゆっくりなものが多く、人とは違う時間を生きています。
灰猫も私とは違う時間を生きています。

植物も猫も人も違う時間を生きているけれど、上も下もなく全て平等
今ちょうど偶然同じ時代を生きています。

松谷さんを想いながら、いつも思うことを改めて考えていました。

IMG_0494_2.jpg

ののさまどちら いばらのかげで ねんねを抱いて 花つんでござれ 
おやすみなさい 大好きな みよ子さん


Category : 植物帖
Posted by kyon on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。