スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

雛祭り「怒った白猫の尻尾ケーキ」を作る

雛祭りですね~^^
3月になったのでタイトル画像とアイコン画像変えました。
アイコンは3日までお雛さま仕様

こちらは、我が家のお雛さまとお内裏さま


IMG_0256_2.jpg


雛祭りに乗じて久しぶりにケーキを焼いてみました。
思えば3年ぶりくらい…家に引っ越してきて初ケーキです。
我が家は2人なので、二人分くらいの小さな色々な型を持っています。
その昔お菓子作りに嵌っていた時の型
タルト、シフォン、パウンド、デコレーションのラウンド、スクエア、セルクル等々…
すべて小さなサイズです。

ああ、そういえば沢山持っていたっけ
引っ越しの時梱包した箱をほどいて型を引っ張りだしました。

12㎝の小さなラウンド、卵ひとつでできる可愛いケーキが焼けます。


IMG_9868_2.jpg


ケーキを冷ましている間、灰猫と遊びます。
灰猫は運動大好きなので、かなり動かして遊んでやります。
ジャンプの高さも高くて、垂直で1mくらい楽々飛んで来ます。

さて、猫が疲れてケーキもしっかり冷めました。
邪魔する灰猫が寝ている間にクリームでデコレーションしてしまいましょう。


DSC07567_2.jpg


苺とブルーベリーをトッピングした小さいケーキが出来ました。
クリームの絞り口金
私はサントノーレという背びれのようにシュっとしたクリームが絞り出せる型が好きなのですが
大き目のサイズしか手元になく、クリームが柔らか目だったことも手伝って
ボッテリかっちょ悪い、丸口金で太く絞ったようなデコレーションになってしまいました(笑)
うーん、まるで白猫の怒って太く膨らんだ尻尾のようだ…

背びれは見る影も無く、太い尻尾がくるりと一周16本
16匹の怒った白猫さん
「怒った白猫の尻尾ケーキ」そんな風に名づければ、失敗ケーキも気分が良くなります。
濃い目の珈琲で頂きました。


IMG_0224_2.jpg


食べながら、いつぞや街で会ったあの子を思い出していました。
写真を探すと…1枚だけあった!

真っ白で右目はブルー 左目ゴールド 全てを見透かすオッドアイ
いきなりカメラを向けた失礼な私に対して、静かに怒っていた白猫さん
あの時はごめんね


DSC00767_2.jpg

あの子も街のどこかで春を待っているかしら


Category : 菓子作り
Posted by kyon on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。