スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

花が少ない冬の時期、あの美人が見ごろを迎えます。
鶴岡八幡宮の恒例の神苑ぼたん庭園へ冬牡丹を見に行ってきました。

華麗なる牡丹に圧倒されます。


IMG_8139_2.jpg


神苑ぼたん庭園には100種1000株の牡丹が植えられているそうで、
1月、2月は冬牡丹
4月、5月は春牡丹
2度にわたって楽しめます。

今は冬牡丹が花盛り、ひとつひとつ丁寧に掛けられた雪よけの笠が…愛ですね^^
牡丹は地面に近いところで咲いているので「座れば牡丹」と例えられたのでしょうか


IMG_8127_2.jpg


花びらの1枚1枚が自由な曲線を描き
風をはらんで乱れたドレスのよう


IMG_7959_2.jpg


いわゆる牡丹色がさらに輝きを増したような珍しい色の牡丹
思わず目が引き寄せられました。


IMG_7966_2.jpg


薄いピンクはことさら可憐ですね^^
牡丹づくし満喫しました。


IMG_8061_2.jpg


ジュリー、今日はそんな色の美しい牡丹を沢山見てきたよ
「ふーん」
私の話にはあまり興味無さげな灰猫
人と猫の見える色は違う


IMG_7694_2.jpg

桜は散って、梅はこぼれ、椿は落ちて、菊は舞う
そして牡丹は崩れます。
日本語の花の散り際の表現は本当に細やかですね。

Category : 散策写真
Posted by kyon on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。