スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

新しいミニ三脚

お正月用の菊がまだもっています^^
小さなフラワーベースに入れ替えて…可愛いのう
お花は気分が和みますね♪


IMG_5807_2.jpg


さて、今日は三脚の話。
Velbon 三脚 ウルトラロック ULTRA MAXi miniIII  というミニ三脚を買いました。
500mlのペットボトルサイズ、小さいです。

推奨積載質量 : 1.5kg
本体質量 : 565g
全高:135~477mm

5段式で最長47㎝まで伸びます。


IMG_5821_2.jpg


最低高14㎝の低い位置でカメラを固定できます。
室内のテーブルフォトやマクロ撮影に重宝しそうです。

今付けているカメラがCANON 6D (680g)+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM (885g) 合計1565g
若干重量オーバー(^^;
家で一番重い大口径の重量級レンズとの組み合わせですが、足を一段開いてあげれば安定して支えることができます。
私の三本目の三脚になりました。


DSC05470_2.jpg


一本目は、鳥撮りが趣味の父から譲り受けたSLIKのブラックのカーボン三脚 
CARBON SPRINT 614 PRO

推奨積載質量 : 2kg
本体質量 : 1150 g
全高:185~1630 mm

その昔、カメラを始めた時に気安く譲ってくれたので、正直高を括っていたのですが
使ってみるとクイックシューだし、軽量だし…フルサイズ用の三脚として重宝しています。
(クイックシューとは三脚とカメラの取り付け部分がワンタッチで取り付けられる部品です。
すぐ手持ち撮影に切り替えれるので便利)


DSC05473_2.jpg


二本目は、ホワイトカラーのVANGUARD コンパクト三脚 Nivelo 214WH

推奨積載質量 : 2kg
本体質量 : 730 g
全高:350~1200 mm

ミラーレス一眼α6000用の三脚です。
この三脚は面白くて、真ん中のセンターコラムがくるっと反転し、ローアングル撮影ができます。


IMG_5820_2.jpg

以前は三脚は煩わしいと思っていましたし、今も手持ち撮影の方が圧倒的に多いのですが
やはり手持ちよりも綺麗に撮れるので光量が少ない室内ではお助けアイテムです。
重いと持ち歩かないので私の三脚は携帯性重視。

三脚セットして動きの素早い灰猫を撮ろうと思ったら…
スリスリと三脚に自分の匂いを付けるジュリー
三脚の真下というカメラの死角に入って出てくれません(^^;


DSC01433_2.jpg

私は三脚で灰猫を撮影したいのであって、三脚と灰猫を撮りたいわけでは無いのだが…


Posted by kyon on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。