スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

カールツァイスの世界◆レンズレビュー:Planar T* 1.4/50 ZE

今日はカールツァイスレンズの話。

カールツァイス(Carl Zeiss) というのはドイツの光学メーカーです。
現在はカールツァイス財団となり、傘下のいろんなメーカーがカールツァイスレンズを販売しています。


IMG_0914.jpg


私が持っているのはPlanar T* 1.4/50 ZE
50mm F1.4 キャノンマウントの単焦点レンズです。

フルサイズ機移行を考えた時にまずレンズ構成から検討してリストを作りました。
そのリストに基づいて少しづつ「APS-C機用レンズを1本手放しフルサイズを1本追加する」という事を繰り返して行きました。
リストアップの際に前から欲しいと思っていたPlanar T* 1.4/50 ZEを入れたという訳です^^

カールツァイスはマニュアルフォーカス(MF)機能しかありません。
(多くのレンズは便利なオートフォーカス(AF)機能があります。)
はじめはマニュアルオンリーなんて手におえるのかいなと思ってましたが、
触ってみてカールツァイスの作り出す、何処となくノスタルジックな世界に虜になってしまいました。

コントラストが効いて、しっかりと色が乗る
とろけるような滑らかなボケ味
このレンズの作り出す空気感は明らかに他のレンズと違います。


IMG_0925.jpg


シャッターを切るとその瞬間の時間が止まるような


IMG_0937.jpg


しっとりとしたコクのある色合いのアナログ感のある写真が撮れます。


IMG_0934.jpg


ピントが合うとキリッと解像、
開放から絞っていけば、どんどん表情を変えていきます。

写真を撮るのがただ純粋に楽しい、そんなレンズです。
雰囲気のある写真を撮ることができそうですね^^


IMG_0935.jpg

Posted by kyon on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。