スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

不揃いのガラスたち

昨日は、エイプリルフールでしたね。
そんなことより頭の中は増税でいっぱい。
駆け込み需要で配送も遅れているみたいですね。
私もいろいろとポチりました^^
到着まちです~。

さて、今日は黒庭で存在感を放つガラスたちのご紹介。
もともと昔からガラスに弱いんです。
特に「硝子」といった漢字で書くような存在感のあるガラスに惹かれます。
20140403_01.png
この方はもう10年以上前に購入したものでしょうか。
シリンダー型の分厚いガラスのフラワーベースです。
高さも50㎝はあるんじゃないかな。
重さもずっしり。
ラムネの瓶のようにほんのりブルーグリーンがかっています。
実家から連れてきたお気に入り。

こちらは気泡が沢山はいっていて、どっしり「セピア色の瓶」といった体裁です。
お隣はアスパラスプリンゲリー。
葉っぱが軽やかでいい感じ。
20140403_02.png

同じシリーズのミニサイズも置いています。
二つとも「francfranc」で買いました。
20140403_03.png

アイアンとガラス、大好きな組み合わせです♪
20140403_04.png

ちなみに土もでかいガラスジャーに入れてます。
いつもは蓋をあけて密封はしてません。
お米だと5キロ入るサイズ。
20140403_05.png

軽石もガラス瓶に入れてます。
先日、黒庭の動物モチーフについてご紹介しましたが、こんなところにも鳥ちゃんがいました。
ホント、動物好きですね(笑)
20140403_09.png

黒庭で硝子たちのキラキラはいい抜け感を作ってくれます。
超重要!
不思議とノスタルジックな雰囲気を醸し出します。

硝子の持つ「儚さ」「刹那」「もろさ」などに惹かれるんだと思います。

室内の黒部屋も硝子がいろいろと。
また機会がありましたらご紹介しますね。

Category : 雑貨
Posted by kyon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。