スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

超広角レンズで自然を撮る

家の猫は、かなりの頻度で私に「鼻と鼻をくっつける行為」を要求してきます。
これはいわゆる「鼻チュー」と呼ばれるもので、猫同士でよくやっている挨拶の一種。

ちょっと離れた後は、すっ飛んできて真っ先に鼻をくっつけたがるので、
そーか、そーか私のことがそんなに好きか~(^^ゞ…と、まんざらでもなかったのですが…
最近「鼻チュー」の行為の意味を知りました。
猫育成書いわく

「会わない間になんか美味いもん食った?」

匂いで確認しているらしいです。
お、おまえ…(-_-;)


IMG_0340.jpg

少なくとも私は猫缶は食べていない!



さて、今日は先日買ったEOS Mを持ち出して身の回りの自然を撮ってみた話。
Canonミラーレス一眼レフEOS Mを買った話はこちら

一緒に買った専用の超広角レンズEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMでいつものウォーキングコースを撮影してみました。
川沿いの道にたくさんの自然が溢れていて、歩いていて楽しいコースです。

ちなみにカメラとレンズの説明を簡単にすると、ミラーレス一眼なのでレンズが付け替えられます。
(これは一眼レフとまったく同じ)
コンパクトデジタルカメラとの一番の違いですね。

レンズにはいろんな種類(マクロ・単焦点・ズーム・超広角・望遠…など)がありまして、それぞれの用途で使い分けることができます。
今回は「超広角レンズ」と言われる種類のレンズで色々と自然を撮ってみました。

超広角レンズは、普通のレンズより広い画角(撮れる範囲が大きい)と
遠近感(パースペクティブ)が強く出るのが特徴です。

実際に目で見るよりもパースの効いた面白い写真が撮れます^^
こんな風に「遠くまで続く道」なんて遠近感の効果が出やすいです。


IMG_0380.jpg



最短撮影距離は15㎝、被写体にも以外と寄れます。
モデルは白い花の仙人草



IMG_0382.jpg



こんな風に咲き乱れる仙人草との距離が近くても容易くパースが付きます^^



IMG_0383.jpg



木の枝振りもダイナミックに!



IMG_0386.jpg



散歩を楽しみながら撮って歩きました。
川に鯉が沢山泳いでいます。
鯉は望遠レンズでないと、この大きさが限界(^^;
金魚だね、こりゃ(笑)



IMG_0385.jpg



あいにくこの日も曇天
見上げた百日紅の美しさ



IMG_0394.jpg



百日紅が散って夏が終わる



IMG_0391.jpg

 

キバナコスモスは引き続き秋も楽しめますね^^



IMG_0412.jpg



あ、早乙女花の天然のリース発見!



IMG_0414.jpg


中々面白い写真が撮れて楽しかったです^^


Category : 徒然
Posted by kyon on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。