スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

フェリシモの植物定期便4、アレカ カテチュー

土曜日に横浜駅の改札を抜けた瞬間に何か視界によぎる違和感で振り返りました。

床にアスパラガス一束

アスパラガスは8本くらいが一束になったよくスーパーで見かけるもの
たぶん誰かの袋から落ちてしまったもの

アスパラガスのフレッシュグリーンと生産者のパープルのシールのコントラスト
ひときわ異彩を放ってらっしゃる。
私が島崎藤村なら一曲歌詞ができるところだが、あいにく才はなし。

土曜の横浜駅なんて人・人・人なのだが、みなさん華麗にアスパラを避けてらっしゃる。
「あれを落し物としてJRに届けたらどうなるんだろうか、捨てられるんだろうか」
野菜と認識しているものを捨てるのには勇気がいる
かといってあれを茹でて食べるのも勇気がいる

うーん…そんなことを考えながら再び目をやると、
アスパラガスは誰かに蹴飛ばされたのかどこかに行ってましたとさ

さて、本日はフェリシモ植物定期日の4便目の話。

この植物定期便は、プラントハンター 西畠さんの「そら植物園」の植物たちが
6回に渡って届きます。
サンスベリア サムライドワルフ、コウモリラン、アラエオココスに続いて4回目がやってきました。

1回目のサムライが来たの巻
2回目のコウモリランが来たの巻
3回目のアラエオココスが来たの巻

4回目は南国感漂うアレカ カテチューさんでした。


IMG_9256.jpg




根本が痛まないように丁寧に梱包されています。




IMG_9243.jpg




葉っぱがとても美しく、
葉脈に沿って山折谷折のようにアコーディオン状の型が付いてます。




IMG_9308.jpg



すらっとした根本には、名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ~♪
まるで島崎藤村の「椰子の実」です。


IMG_9306.jpg



家にまたひとつ異国の南国植物がやってきました。



IMG_9303.jpg



ジュリー、カテチューは何十年も経つと10m、20m級に育つらしいよ
「眠いからちょっと撫でてくれる?」
猫はいつでも今のことだけ考えている。
植物もね


IMG_9227.jpg


おっ!花火
もうそんな時期か…なーんて考えるのは人間だけですな~(^^ゞ
いや、大人だけなのかも

8月ももうすぐ終わっちゃうね。


IMG_9499.jpg

Category : 植物帖
Posted by kyon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。