スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

和室にブラックの竹ラグを敷く

さて、今日は和室の床を黒くする話。
先日からカーテンレールや照明を換えてきましたが、いよいよ床を黒くしたいと思います。

本当は和室はブラックモダン(相方の希望)にリフォームしたいのですが、
現在貯金中なので(^^ゞとりあえず今できることをしてみることにしました。

いきなりリフォームでブラックな琉球畳にするのも冒険だな…と思っていたので、
とりあえず床が黒いとどんなもんか試すことに。
お手頃なブラックの竹ラグを敷き詰めてみることにしました。

ぴったりのサイズが無かったので小さ目の竹ラグ180㎝×220㎝を2枚購入。
IKEHIKOのユニバース竹カーペットという製品で、8,480円×2枚=16,960円で購入しました。


IMG_8445.jpg


大き目のサイズを1枚買って和室のサイズにカットすることも考えましたが、
流石に竹素材をカットするのは面倒くさそうなので、
横幅が20㎝ほど足りない部分には、カットできるIKEAのマットを長くカットして敷いてみます。

特にこの隅の壁には壁の厚み分の段差があって、これに合わせてカットしなければなりません。


IMG_8450.jpg


IKEAのマットはダークグレーの波型ボーダー模様マットでカットできるものを使います。
65㎝×198㎝で1,499円也。安い^^

和室の縦値は360㎝あるので、このマットを縦半分に切ります。
繋げるとちょうど竹ラグが足りない部分を補完できます。


IMG_8453.jpg



壁の段差に切れ目を入れてあげて、隅まで敷き込むことができました。
こういう場合は、カーペットやラグなどの織物が格段に扱いが楽ですね。
竹ラグの場合、壁のでっぱり部分の収めが難しいところでした。


IMG_8455.jpg





恒例のビフォー


IMG_7786_2.jpg





アフター


IMG_8530.jpg


敷くまでは、和室まで黒くなると
「いよいよ、ブラックブラック団(戦隊モノの悪者系)のアジトみたくなるんじゃ…」
と心配していましたが、敷いてみると…意外と落ち着いていて気に入りました♪

和室の畳を黒くした時のイメージも分かって良かったし、
竹ラグの質感がさっぱりして気持ち良く、ブラックにしてリビングと一体感が出ました。

何より一番喜んだのが猫(笑)
家の猫は、フワフワ素材が嫌いで固くて冷たい質感が好きです。
竹ラグの質感を一発で気に入ったようです。

ジュリー、良かったね(^^;


IMG_8543.jpg


Category : 部屋
Posted by kyon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。