スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by kyon on  | 

和室の照明をVITAに替える・その1

IMG_7705.jpg


さて、今日は和室の照明の話。
以前より替えよう替えようと思っていたリビング脇の和室の照明
実はこれ、前の持ち主が残していってくれたもの。
※私達は築4年のマンションを中古購入しました。

変えたばかりとのことで綺麗だったのと、シンプルでリモコン付きなので使い勝手も良く、
室内を整えているうちにすっかり後回しになってしまいました(^^ゞ


和室なので、和紙にするか、はたまた木製にするか、どうするか…
リビングがシーリングライトなので和室はペンダントがいいなあ…
なんて、悩んだ挙句選んだのは、北欧照明VITAのSILVIA3(3灯)です。
3万円以内のお手頃価格とデザイン性も高いこちらに決めました^^


箱もスタイリッシュ、黒地にホワイトの照明が映えます。


IMG_7888.jpg




中を開けるとシンプルな4つのパーツが入っています。



IMG_7889.jpg




早速骨組を組んでいきます。ベースの骨組を組んだら電球をつけます。



IMG_7890.jpg




電球をつけたら周りの縦の骨組を完成させ、どんどん松ぼっくりの笠を作っていきます。
気分は日本伝統工芸士の提灯作り

上部を何段か組んだら、クッションの上にひっくり返して回しながら作ると楽です♪



IMG_7898.jpg



難しいこともなく20分くらいで作れました。
作りながら考えていたのは「自然が作る松ぼっくりの造形の凄さ」
この笠が自然にできるなんてすごいなあ~。
宇宙は不思議に満ち溢れてますね(しみじみ)


IMG_7902.jpg

長いので、吊り下げ編はその2に続きます^^

吊り下げ編その2はこちら

Category : 部屋
Posted by kyon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。